« スポンサードリンク »
ホーム » 効率的な体脂肪の減らし方 » ご飯が太るのは食べ過ぎるから|糖質が体脂肪となるしくみ

ご飯が太るのは食べ過ぎるから|糖質が体脂肪となるしくみ

ご飯やパンなど炭水化物は太るとよく聞きますが本当でしょうか?
太る原因となる皮下脂肪や内臓脂肪などの体脂肪が溜まる正体は
余ったエネルギーが皮膚の辺りや内臓にたまっていくからです


カロリーの摂りすぎで余ってしまうエネルギーが脂肪分と糖分で
脂質の場合は小腸から吸収されると筋肉の運動により使われますが
そこで残った分が脂肪細胞に体脂肪として蓄えられるわけです


運動不足でカロリーを使わないと太るのがこのしくみですね
それ以外にも脂肪分が肝臓に吸収されて中性脂肪となる場合も
中性脂肪が増えると脂肪組織に取り込まれて体脂肪となります


糖質と聞くとスイーツなど甘いお菓子を連想しがちですが体の中では
ご飯など炭水化物が糖質に変わるので太る原因といわれるのです
食べ過ぎるとすい臓から出るインシュリンというホルモンが増えます


インシュリン(インスリンとも)が増えると体脂肪を増やすのです
ブドウ糖を脂肪に変える作用があるのでご飯を食べ過ぎてしまうと
その増えた脂肪が体脂肪として体に蓄積されていくというしくみです


つまり、炭水化物を摂り過ぎることは糖質を摂り過ぎになりますが
これは、食べ過ぎてしまうと脂肪が増えるというメカニズムなので
食べ過ぎなければご飯を食べたから太るというわけではありません


脂肪や糖質は取り過ぎると余分なエネルギーが作られるわけですが
運動によりカロリー消費することで燃やせば余らせずにすみます
食べて運動して燃やすことが体脂肪をためない基本ということですね


脂肪分や炭水化物、糖質を適度に摂る食生活が大切になりますが
ダイエット食品にはカロリーを抑えながらも満腹感があるものや
脂肪を分解する成分のものがあるので活用する方法もあります


運動不足で体脂肪がたまりがちな方には短時間で効率よくできる
エクササイズ器具やDVDもいろいろ出ているので研究してみましょう
ウォーキングの時間が取れない、続かないという方におすすめです


こうした、食生活や運動するという生活パターンにすることで
体脂肪を減らすことができて健康的にダイエットできるわけですが
逆にこうした努力がなければ体脂肪率が上がり体重も増えていきます


効率的な体脂肪の減らし方に関連する記事はこちら

タグ / ご飯が太る
TOPに戻る

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。